スズキハウストップページ > 注文住宅 > 住まいづくりの特徴

注文住宅 t

24top 注文住宅トップへ戻る

住まいづくりの特徴

住まいの相談システム


「安心の住まい」をお届けするために、私達スズキハウスは木を素材とするツーバイフォー住宅に辿り着きました。 それは、構造体が壁組であることでの強い耐震性をはじめ、耐火性や断熱性にも優れたバランスの良い快適な工法だからです。 ※建物のデザイン、間取り、その他施工上の制約により以下に紹介する工法をやむを得ず採用していない場合があります。

スズキハウスのツーバイフォー工法(枠組壁工法)基本性能

ツーバイフォー六面体構造は、地震の揺れを6つの面全で吸収。 ねじれや変形を防ぎ、地震に抜群の強さを発揮します。

スズキハウスのツーバイフォー工法(枠組壁工法)基本性能

床・壁・天井による箱形の6面体構造は、地震の揺れを一部に集中することなく各面に分散し、6つの面全体で受け止め吸収します。 また、各面は枠組材と合板を一体化したパネルで「ダイヤフラム(版)」と呼ばれる「版」を形成し、建物のねじれや変形を防ぎ、地震に抜群の強さを発揮します。

スズキハウスのツーバイフォー工法(枠組壁工法)基本性能

基礎+6面体構造の一体化により、更なる強度を実現。 耐震性を高めた安心の基本構造。

スズキハウスのツーバイフォー工法(枠組壁工法)基本性能

スズキハウスのツーバイフォー工法(枠組壁工法)基本性能

 

湿気は木材の大敵。 湿気を防ぎ、通気性を良くすることにより、住宅を永持ちさせる事ができます。

 

スズキハウスのツーバイフォー工法(枠組壁工法)基本性能

断熱性・気密性に優れたスズキハウスのツーバイフォー住宅。 冷暖房時の省エネルギー化と共に、快適な室内環境を実現しています。



スズキハウスのツーバイフォー工法(枠組壁工法)基本性能

万が一に備えた、ファイアーストップ構造。 大切な財産をお守りするための、もしもの工夫です。

ページトップへ